Equal History

沿革

昭和3年

創業。名古屋市中川区において、初代社長鬼頭鋠一が「鬼頭鋠一商店」として開業。戦前・戦後を通じて馬具などの皮革製品を加工販売。その後、馬具から工業用パッキン・ベルトなどに使用する皮革製品加工へ移行。

昭和36年

名古屋市熱田区に本社を移転。皮革製品からゴム製品加工販売が主軸となり、キトーラバー株式会社に社名変更。この時、法人として設立登記。

昭和45年

鬼頭鎭夫が2代目の代表取締役に就任。

昭和60年

本格的にエンジニアリングプラスチック切削加工事業を展開。

昭和62年

天白区野並の工場敷地内に本社を移転。
マシニングセンタ(MC)および自動プログラミングマシンを初導入。

平成2年

同時4軸制御MC導入。
NCルータ、同時4軸制御MCを初導入。

平成7年

鬼頭詳和が3代目の代表取締役に就任。
Y軸制御複合旋盤を初導入。

平成11年

3次元測定器を初導入。
3D-CAD/CAMを初導入。

平成12年

東海豪雨により全面的に設備を一新、本社社屋および工場の改修工事。

平成13年

本格的にアルミ切削加工事業を開始。

平成14年

Y軸制御複合旋盤(2スピンドル仕様)および川崎重工製アームロボット導入。
多品種少量自動生産システムを開始。

平成17年

日進市に本社社屋および工場を新築移転。

平成18年

株式会社イコールに社名変更。
ISO9001:2000を取得。

平成20年

2次元画像測定器1台を初導入。

平成23年

ベトナム人エンジニアの受入開始。

平成29年

鬼頭完治が4代目の代表取締役就任。
本社を名古屋市中村区名駅に移転。

平成30年

イコールベトナムCo.,Ltd.稼働開始。
3D-CAD/CAMデータの拠点間通信・製作事業を開始。